ダイヤのA(act2)動画22話アニメ無料視聴・見逃し配信まとめ!指名ネタバレ感想 

スポンサーリンク




ダイヤのA act2(TVアニメ3期)の第22話「指名」が2019年8月27日放送。アニメを見逃した方へ、動画を無料で視聴できる動画配信サービスの情報をまとめています!今回は青道のシートバッティング!第22話「指名」のネタバレ感想も書いています!

\アニメ1期~3期が全部見放題!/
▼今すぐ無料で見たい方はコチラ
31日間無料体験でダイヤのAを視聴!
※31日間に解約すればお金は一切かかりません。

Contents

「ダイヤのA act2」動画22話「指名」を無料で見逃し配信しているサイト

「ダイヤのA act2」動画22話「指名」の見逃し配信をしていて、無料視聴できるサイトについて探してみたところ、

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • Paravi(パラビ)
  • Hulu(フールー)

の3サイトが確認できました。

通常は有料のサービスですが、いずれも無料体験期間があります。

無料体験期間中に解約しても料金が一切かからないのが有り難いところ!

予定があってリアルタイムで見れなかった人や、うっかり録画し忘れた人は必見です!

 

これらの動画配信サービスの内容について詳しく見ていきたいと思います。

「ダイヤのA act2」動画22話「指名」の見逃し配信をしているサイトの比較

「ダイヤのA act2」動画22話「指名」が無料で視聴できるサイトのサービスの特徴について、簡単に表にして比較してみました。

見逃し配信日 「ダイヤのA」第1期・第2期 無料体験期間 月額料金
U-NEXT(ユーネクスト) テレビ放送終了後、水曜昼配信 〇(全話見放題) 31日間 1990円(税抜)
Paravi(パラビ) テレビ放送終了後、水曜昼配信 〇(全話見放題) 30日間 925円(税抜)
Hulu(フールー) テレビ放送終了後、木曜配信 〇(全話見放題) 2週間 933円(税抜)

 

22話「指名」の配信は、地上波放送と少し時間差があることに注意です!

最新話より前の話については登録すればすぐに視聴できますよ。

 

いずれも無料体験のあるサービスなので、どれに登録するか迷うくらいなら、実際に自分で全部試してしまうのが早いかもしれません。

Huluは木曜日配信とやや遅めなので、少しでも早く見たい場合は、U-NEXTかParaviを利用されることをおすすめします。

 

ダイヤのA act2の動画を安く利用したり、キャストや監督のインタビューを視聴したいならParaviがおすすめ

見逃し配信の早さと税抜925円という月額料金の安さを重視するなら、Paraviがおすすめです。

Paraviに登録するメリットは2点。

  • 月額料金が比較的安い
  • Paraviオリジナル「もっと知りたい!ダイヤのA」がある

「ダイヤのA」動画をじっくり楽しむならParavi

Paraviなら、地上波放送終了の翌日に最新話が配信されますし、月額料金も上記で紹介した3サイトの中では一番安いです。

1期・2期の「ダイヤのA」のアニメも一気にまとめて視聴できるので、なるべく費用を抑えて動画をゆっくり楽しみたいなら、Paraviが良いのではないでしょうか。

 

Paraviオリジナル「もっと知りたい!ダイヤのA」の動画では舞台裏が明らかに!

Paraviでは「ダイヤのA」のキャスト・監督によるインタビュー動画「もっと知りたい!ダイヤのA」が配信されています。

こちらの動画はParaviオリジナルなので、Paraviに登録しないと視聴できません。

舞台裏が気になるという方はこちらもチェックしてみましょう。

 

「もっと知りたい!ダイヤのA」では、以下の6エピソードが配信されています。

<「もっと知りたい!ダイヤのA」の動画一覧(6エピソード)>

  • 御幸役・櫻井孝宏 前編「注目は御幸のモノローグ」
  • 御幸役・櫻井孝宏 後編「忘れられない沢村の一球」
  • 沢村栄純役・逢坂良太 前編 「この役をできるのは俺しかいない」
  • 沢村栄純役・逢坂良太 後編 「自分の中に栄純がずっといる」
  • 増原光幸監督が選ぶベスト場面は?
  • 増原光幸監督が明かす「薬師との決勝9回裏」演出意図

 

>>今すぐParavi(パラビ)で「ダイヤのA act2」を視聴する!

 

ダイヤのA act2の原作漫画も楽しみたいならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTは、他のアニメを視聴したり、「ダイヤのA act2」の原作漫画を無料で読みたい場合におすすめです。

U-NEXTに登録するメリットは具体的には2点あります。

  • 今期アニメの見逃し配信多数あり!
  • ダイヤのAの単行本が1冊無料で読める!

今期アニメの見逃し配信多数あり!

U-NEXTは他の類似サービスと比較しても、配信本数がかなり多いのが特徴です。

今期アニメの見逃し配信もたくさん取り扱っていますよ。

例えば、

  • ダンまち(2期)
  • スタミュ
  • 炎炎ノ消防隊
  • 手品先輩
  • からかい上手の高木さん2

他多数。

しかもどれもポイントの要らない見放題作品ばかり!

無料体験期間中に全部無料で視聴できてしまうのです!

アニメが好きで、他のアニメもチェックしているよ!という人には問答無用でおすすめ。

ダイヤのA単行本が1冊分無料で読める!

U-NEXTはアニメ動画だけでなく、電子書籍を読むためのサービスもあります。

ParaviやHuluには電子書籍サービスはないので、U-NEXTならではの強みです!

 

U-NEXTなら無料体験中でも、U-NEXTのポイント600ポイント(600円分)が配布されます。

無料で使ってるのに600円分ももらえるんですよ!

「ダイヤのA act2」の単行本は1冊453円なので、このポイントで電子書籍を購入すると、1冊無料で読めてしまいます!

 

今回放送分はダイヤのA act2の単行本7巻の方に収録されているので、漫画で振り返りたい場合は、7巻の購入にポイントを使いましょう。

最新刊18巻をチェックしたい人はコチラの購入に使ってもOK!

ダイヤのA act2の動画も漫画も楽しめるのはU-NEXTだけ!

 

有料会員として継続すると毎月1200ポイントもらえるので、単行本2冊分が毎月読めるようになります。

アニメだけじゃなく漫画も読みたい方は、ぜひ試してみてください。

 

動画配信サービスとしてはトップクラスの配信本数で、無料体験で31日間も使えて、600ポイントも無料でもらえて。

とにかくお得なので、無料体験キャンペーンが終わってしまわないうちに、賢く利用してしまいましょう!

>>今すぐ31日間無料体験を利用する

 

ダイヤのA act2 動画22話「指名」のあらすじ

練習では一年生捕手と組むよう御幸から命じられた沢村と降谷。二人は後輩をどうリードするのか、そして御幸の期待に応えられるのか。夜間練習でようやく御幸に受けてもらえると喜ぶ沢村。そこに現れる片岡。沢村は御幸を相手にナンバーズを投げて見せる。投球を見た片岡は沢村にあることを告げた──。

ネタバレ注意!
ここより下は第22話「指名」のネタバレと感想を書いています。

ネタバレされたくないという方はU-NEXTの見逃し配信をチェックした後で見ることをおすすめします。

ダイヤのA act2 動画22話「指名」のネタバレ

明くる日。

練習前に奥村に声をかける沢村。

「おーい、奥村!」

「俺今日シートで投げるんだよ。お前受けるか?」

 

先輩直々に声をかけられたと、驚く1年生たち。

しかし奥村は素っ気なく「お断りします」と背を向けます。

これには沢村もびっくり。

「自分はまだ一軍に上がれたわけではないので」

名乗り出る由井

「いやいや練習だぞ。俺の方から頼んでんだぞ!!」

「なおさら無理ですね。一軍に上がった時にはとの約束だったので」

沢村が押しても、奥村の姿勢は揺るがず。

「なんて面倒く・・気難しい男なんだ!!」

 

「沢村先輩、自分でよければ受けましょうか?」

キャッチャーを名乗り出たのは由井でした。

「おお!! 頼めるか? 由井少年。君はあれか、天使の類か!?」

思わぬ助け舟に沢村はホクホク。

奥村は降谷の誘いを受ける

「今日ブルペンで投げるけど、受けてみる?」

今度は降谷が奥村に声をかけます。

 

「やめとけ降谷、相手が悪い! そいつは俺の誘いを断ったんだぞ」

「野生の狼を手なずけるぐらい難しい」

沢村は降谷を止めようとします。

 

「いいんですか、自分で?」

「いいよ」

奥村は降谷にはあっさり承諾。

 

「よろしくお願いします」

「お願いしてんじゃねぇ!!」

沢村が思わずつっこみます。

 

「なんで俺がダメでそいつはいいんだよ。これじゃ俺が嫌われているみたいだぞ!! いいのか!?」

「まだ一度も降谷さんの球受けたことなかったので」

「なるほどね!」

「キャッチャーであれば興味あります。どんな球筋しているのか」

沢村は一応納得しつつもモヤモヤ。

1年とペアを組んだ理由

「なんであの二人1年とペア組んどるんや?」と前園。

「またお前が仕掛けたのか?」と御幸を見やるのは倉持。

 

「あいつらが後輩をどうリードしていくのか見ておきたくてな」

「あのペアになるとは思ってなかったけど」

「上手くいけば一気に成長できるし、ダメでも次の経験になる」

「で練習の後に色々追及してやろうと思ってな」

「いや~今からどんなネタ提供してくれるのか待ち遠しい」

そういって御幸はケラケラ笑います。

 

「どんだけ楽しむつもりだお前・・」

倉持はあきれた様子です。

白龍戦の先発は?

GWのスケジュール。

山場となるのはセンバツに出場していた白龍との試合。

「白龍戦の先発はもう決めたんですか?」

コーチが監督に聞きます。

 

「・・ええ。招待試合なので向こうは降谷を期待してくるでしょうが」

「今一番調子が良い投手に投げさせるつもりです」

降谷のピッチング

降谷の球を受ける奥村。

 

思った以上に圧力が凄い・・。

しかもボールの威力があるから勝手に四隅に散らばっていく。

この球威にミットを流されると、際どいコースはボールになってしまう・・。

図らずも捕手の力量を丸裸にしてしまう投手。

これが降谷暁。

 

降谷の方は奥村だと投げやすいと感じている様子。

シートバッティング

Aグラウンドの方ではシートバッティングが行われます。

沢村ー由井バッテリーで、ワンアウト一塁。

ランナー倉持、バッターは小湊というメンツです。

 

由井は御幸が話していたカウント別の攻撃について考えています。

 

ランナーはいつ仕掛けてきてもおかしくない・・。

バッターは右方向を意識している。

ゲッツ―は望めない上に容易に外も使えない・・。

 

倉持は沢村が投げようとした瞬間に走り出します。

小湊はライト前へボールを運び、ランナー3塁。

 

由井は、小湊がインコースの球をヘッドを遅らせてライトに運んだのを見て、なんて巧みなバットコントロールと驚きます。

次は御幸がバッター

今度はツーアウト一塁。

ランナー東条、バッター御幸という場面。

 

由井は外中心で攻めましょう、と沢村にサインを送ります。

しかし沢村は、この人は外だけじゃ抑えられない、と首を横に振ります。

ツーアウトだからこそ、バッターとの勝負に集中したほうがいい、と。

それを受けて、インコースに厳しく、最後は外で仕留める方針になったようです。

 

沢村が投げると御幸が一塁線を超えて長打。

 

大事な場面ほど自分の得意な球を投げたいものだよな・・。

インコースに投げるって表情に出過ぎだよ。

御幸はニヤリ。

 

打ってもファールにしかならないと思ったあのコースを一振りで仕留めるのか・・。

レベル高けぇ・・。

由井は苦笑します。

焦りの沢村

「大丈夫だ!! 心配するな由井少年!!」

「バッターの特徴は俺の頭の中に全部入ってるから!!  大船に乗ったつもりでいろ」

御幸にヒットを打たれ焦り気味の沢村。

 

「こちらの特徴も皆が知っているのでは・・?」と由井。

「よ・・よし! ここは一つ、深呼吸して落ち着こう・・」

「深呼吸?」

「困った時はこれが一番!!」

川上ー小野のバッテリーのシートバッティング

5月1日。

Aグラウンドのシートバッティング。

川上ー小野バッテリーでワンアウト一塁。

ランナーは麻生。

 

監督からはアウトコース中心に投げろの指示。

バッター金丸でツーストライクという状況。

麻生はスチール狙いで、川上が投げた瞬間にダッシュ。

金丸は空振り三振。

麻生の方もスチール成功ならず。

調子のよい川上

川上の投げる球はほとんどがコースギリギリ。

追い込んでからはストライクゾーンからボールになるスライダー。

直球と変化球だけでバッターを翻弄できる、これが3年生のバッテリー。

 

コーチも「川上調子良さそうですね。バッターにとってもいい練習になります」と感心します。

 

実戦練習の中でこそ浮かび上がる真の打力――・・

状況に応じたチームバッティングに、チャンスを生み出す粘り、投手に与えるプレッシャー。

これが・・一軍選手に求められるバッティング。

打者高津はしっかりアピール

次の打者は高津。

ワンアウト一塁二塁という状況。

ランナーは沢村。

 

一軍に残るためにはチームに必要とされる選手になるしかない――

高津はセンター前にヒットを打ちます。

 

「思い切った踏み込み・・意外とキモの太い選手かもしれませんね」とコーチが注目。

倉持や東条も感心しています。

\アニメ1期~3期が全部見放題!/
▼今すぐ無料で見たい方はコチラ
31日間無料体験でダイヤのAを視聴!
※31日間に解約すればお金は一切かかりません。

降谷ー小野バッテリー

ここからは野手入れ替えで、降谷ー小野バッテリー。

ランナー一塁という状況。

降谷もアウトコース限定で投げていますが、コーチは硬いという評価。

 

「1アウト」と控えめながらも降谷が声掛けをします。

できることから一つずつと確認する降谷。

 

次の打者は由井で、球をバットに当てるも球威に押されツーアウト。

シンプルな思考になる分、コース限定いいかも、と小野は感じます。

降谷の大きな課題

降谷の様子を見て、御幸は感じます。

 

良い時は手を付けられないが、悪い時は全然ダメ・・。

このムラは一発勝負のトーナメントでは致命的・・。

 

その日どんなに調子が悪くても、チームに勝利をもたらすピッチングが出来るのがエースだ。

本当のエースになる為に乗り越えなきゃならない大きな課題だな・・。

日が暮れて

外はもう暗い時間。

御幸はバッティングの練習。

「珍しいな・・あいつが俺達と一緒に打つなんて・・」と前園が見ています。

 

ブルペンでは降谷と小野がピッチングの練習。

降谷はブルペンでの方が調子が良さそうです。

嬉しそうな沢村

九鬼と浅田が練習する3年生たちを見て「本当によく練習するな、このチーム」と感心しています。

そこへタイヤを浮き輪のように担いで走ってくる沢村登場。

「おーい由井、明日ブルペンで少し投げるから付き合ってくれ」と言います。

由井は快諾。

 

「今日も御幸先輩の部屋に集まりますか?」と由井。

「いや、今日は俺の練習に付き合ってもらう日だ」と沢村がニヤリ。

 

「なんだか嬉しそうですね」

「わははは、キャップが自分から練習に付き合ってくれるなんて珍しいからな」

真剣な表情の御幸

そう言って沢村が御幸の方に目をやった時、御幸は真剣な表情でバットを振っています。

沢村に気づいた御幸は「もう少し待ってくれるか? 片づけていくから」と言います。

片づけ終わった御幸は「完全に日も落ちたし、室内練習場でいいよな」と沢村に言います。

 

「いいんですか?」と神妙な面持ちの沢村。

「まだみんな打ってますけど・・」

 

「なんだよナンバーズ投げたいんじゃねぇの?」とキョトンとした御幸。

「それは投げたい!」と即答の沢村。

「即答じゃねぇか、だったら・・」

「や・・なんか真面目に練習してたので」

「なんだそれ」

これからナンバーズの練習

「俺はGWの練習試合でガンガンサイン出すつもりだったけど?」と御幸。

「やっぱ実戦で試してみないとな。どこまでが使える球なのか俺も知っておきたいし」

「そういうことなら是非!!」と沢村も意気揚々。

 

「御幸先輩も大変ですね・・自分の練習だってあるはずなのに」と小湊が見ています。

「そうでもないやろ。あいつももう腹くくってるからな」と言うのは前園。

室内練習場

沢村と御幸は室内練習場で投球練習をしています。

「外れすぎ! これじゃあ手は出してくれねぇな」と御幸。

その背後には監督がそっと立っています。

 

沢村と御幸が監督に気づくも、ただ「続けろ」という監督。

ナンバー6、ナンバー11と投球を続けます。

 

「今安定してきているのはナンバー7まで・・そこから先はその日によってムラがありますね」と御幸が監督に説明します。

「まだまだ未完成のナンバーも多いですが、この前の試合で沢村が最大限に発揮したのはマウンドでの集中力と高い制球力――」

「長いイニングを投げ抜くためには、バッターの目線を逸らす変化球が必要です」

「ナンバー7までの組み立てでどこまで通用するのか・・」

「できれば全国トップクラスのチームを相手に試してみたくなりますね」

練習を止められる沢村

次はナンバー7、カットボール改。

右バッターの胸元抉るように――

 

ほとんどストレートと変わらないスピードでの変化球。

それを見た監督は「今日はここまでだな」と制止します。

「まだまだ始めたばかりですよ! ボス!! もっと俺の球見てください」と焦る沢村。

 

「3日後の招待試合、白龍戦の先発はお前だ、沢村」

監督が沢村に告げます。

白龍戦の先発に

「いやいや3日後?」

「GWは明後日からですよね? その日は俺投げられないんスか?」

「確か初日からダブルヘッダーだったはず」と戸惑う沢村。

 

「初日はお前に出番はない」と監督。

「なぜ!?」

「なぜ3日後、3日間どう過ごせと」

 

今回の練習試合で、一番力のあるチーム白龍戦の先発に指名された沢村。

「その日はマスコミも何社か来るからな。しっかり調整して万全の状態でマウンドに立て」

そう言って監督は去ります。

 

ここで、第22話「指名」は終わります。

ダイヤのA act2 動画22話「指名」の感想

御幸から1年生と組めと言われた沢村と降谷。

早々に沢村が奥村に断られてて、面白かったです(笑)。

そこで沢村・由井、降谷・奥村という今までなかった組み方が見れましたね。

こちらの方が無難というか波風が立たないような組み合わせという印象です。

 

御幸の練習風景が印象的だったのは、引退が近いから・・という切なさを感じますね。

沢村の調子は引き続き良さそう。

白龍戦の先発に選ばれたというのに、それまで投げられないということで不満げな沢村。

この反応はちょっと意外だったかも。

監督の期待の表れという感じで、ナンバーズが白龍戦で通じるものなのか気になるところですね!

\アニメ1期~3期が全部見放題!/
▼今すぐ無料で見たい方はコチラ
31日間無料体験でダイヤのAを視聴!
※31日間に解約すればお金は一切かかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です