力の強い女 ト・ボンスンの感想とネタバレ!最終回結末や視聴率も!

スポンサーリンク




 

力の強い女 ト・ボンスンの感想とネタバレ!最終回結末や視聴率も!

 

 

 

ゲームソフト会社CEOミンヒョク(パク・ヒョンシク)は、何ものかに狙われると感じていました。偶然小さなボンスン(パク・ボヨン)が男たちを投げ飛ばしている所に遭遇します。驚愕の怪力にすぐさまボディーガードとしてスカウトしますがボンスンは、怪しい申し入れを断るのでした。

ボンスンの夢は、自分を主人公にしたゲームを作ること。それを知ったミンヒョクは、願いを叶えるのでボディーガードを引き受けるよう申し入れます。ボンスンもそれならと了承し、おかしなパートナー関係に。

ボンスンと幼なじみの警察官イン・グクドゥ(ジス)は、連続女性誘拐犯を追っていました。誘拐犯は、ボンスンとミンヒョクにも関係している様子。

ラブコメなのにサスペンス?ドキドキさせてくれるドラマです。

 

力の強い女 ト・ボンスンの視聴率は?

1話 3.83%
2話 5.76%
3話 6.08%
4話 8.30%
5話 7.11%
6話 8.69%
7話 6.83%
8話 9.60%
9話 7.42%
10話 9.67%
11話 7.77%
12話 8.48%
13話 7.45%
14話 8.60%
15話 7.83%
16話 8.96%

平均視聴率 7.649% 最高視聴率9.668%

出だしこそ3.8%と低い数字でしたが、徐々に痛快さが受け始め最高視聴率9.668%。10%の大台に届かず残念でしたがこの高視聴率は、ケーブルテレビでは大ヒットと言ってもいいでしょう。

小さなボンスンが怪力を使っての人助けは、見ていてスカッとします。しつこい誘拐犯とのバトルは、見応えもありました。

ハラハラとドキドキとキュンキュンが交互に感じることができ、読めない早い展開に引き込まれる作品です。

 

力の強い女 ト・ボンスン最終回(16話)結末は?ネタバレあり

ボンスンは怪力で!ミンヒョクはドローンで犯人の行動を追跡し、最後はグクドゥが逮捕。3人で誘拐犯を逮捕し誘拐された女性たちを開放することに成功しました。

警察からの表彰は、ボンスンの力を信じてもらえないためミンヒョクが代理で受けることに・・。複雑な気持ちで表彰され浮かない表情のミンヒョク。危険なことに関わらないで欲しいのにボンスンは、困っている人を見ると助けずにはいられません。

ミンヒョクがボンスンを助けるため危険も顧みなかったことに本気を感じたグクドゥは、身を引くことを選択します。

ボンスンも自分の関わったゲームのプレゼンの準備に大忙し、やっと完成し夢が叶いそうです。

お互い気持ちを確認したボンスンとミンヒョクは、晴れて結婚し双子の女の子を授かります。心配していた通り双子は怪力の持ち主。双子は力の加減が解らず子守をするミンヒョクは、あざだらけ。

ボンスンは、困った人を見過ごすことが出来ず子育てそっちのけで助けるために忙しく動き回っています。

『痛快怪力スーパーウーマン』ト・ボンスンは、今日も出動です。

 

力の強い女 ト・ボンスンの感想

タイプの違うミンヒョク(パク・ヒョンシク)とグクドゥ(ジス)のツインタワーとボンスン(パク・ボヨン)の恋の行方もキュンとさせました。ボンスンを優しく見つめるミンヒョクの眼差しも話題になり、パク・ヒョンシクのファンをやきもきさせました。パク・ヒョンシクは、もはやアイドルではなく俳優に分類されてもいいかもしれませんね。

毎回ユニークな登場人物に笑ってしまいます。ありえない話かもしれませんが小さなボンスンが車もタンクも軽く動かしてしまうのも痛快で人助けのために奮闘する姿に応援したくなります。

なんといっても双子の女の赤ちゃんが怪力を遺伝してたなんて話しにクスッとすること間違いなしです。

パク・ヒョンシクが参加したOST(挿入歌)のハスキーな甘い歌声もぜひ聞いて欲しいと思います。

まとめ

今回は、力の強い女 ト・ボンスンの感想とネタバレ!最終回結末や視聴率も!について書いてみました。笑いあり、涙ありの痛快なドラマに満足するはずです。

 

関連:力の強い女 ト・ボンスンの動画を日本語字幕で1話からイッキに見たい方はコチラ!



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です