イカウンが脱落した理由は?なぜPRODUCE48最終回の順位と票数は?

スポンサーリンク




PRODUCE48の最終回、デビューメンバーを決める順位発表式で、まさか、まさかのイ・カウンちゃんが脱落となりPRODUCE48からデビューするという夢はかないませんでした。

イカウンちゃんが脱落した理由は何だったのでしょうか?なぜ初回ネッコヤでセンターもつとめ、順位発表で1位になったこともあるイカウンちゃんが脱落という結果になってしまったのでしょうか。

私自身、PRODUCE48を追いかけてきてカウンちゃんはデビューする!デビューしてほしい!と応援していたので、カウンちゃんの名前がなかなか呼ばれなくてデビューと脱落の境界線にいる4人で名前を呼ばれたときは、正直吐き気がするほど息が詰まる気持ちでした。

いつも笑顔で他の練習生たちを励まし支えてきたカウンちゃんが、なぜデビューできなかたのか気になったので、その理由をいろいろな方の意見を参考にまとめてくることにしました。

関連:イ・カウンはプロデュース48の評価でセンター!アフタースクール出身で日本語もうまい!
関連:イ・カウンの公式インスタは?プロフィール・所属事務所や日本語が上手い理由は?

スポンサーリンク


PRODUCE48最終回の順位

PRODUCE48の最終回順位発表式での順位は、以下のようになりました。

1位:チャン・ウォニョン(33万8396票)
2位:宮脇咲良(31万6105票)
3位:チョ・ユリ(29万4734票)
4位:チェ・イェナ(28万5385票)
5位:アン・ユジン(28万487票)
6位:矢吹奈子(26万1788票)
7位:クォン・ウンビ(25万512票)
8位:カン・ヘウォン(24万8432票)
9位:本田仁美(24万418票)
10位:キム・チェウォン(23万8192票)
11位:キム・ミンジュ(22万7601票)
12位:イ・チェヨン(22万1273票)
―――デビューの境界線―――
13位:ハン・チョウォン
14位:イ・カウン
15位:宮﨑美穂
16位:高橋朱里
17位:竹内美宥
18位:下尾みう
19位:パク・ヘユン
20位:白間美瑠

最後のデビュー枠12位の候補4人ってなった時にイ・チェヨン、ハン・チョウォン、イ・カウン、宮﨑美穂が画面に出てきた時は「カウンちゃん12位でお願い!」って心の中で祈っていて

15位から発表されて、イ・カウンちゃん、まさかの14位で名前が呼ばれちゃった・・・。
それでも笑顔でいたカウンちゃんに涙が溢れました。。。

イ・カウンのプロフィール

名前:イ・カウン(이가은 、李佳恩、Lee Ka-Eun)
誕生日:1994年8月20日
身長:170cm
体重:52kg
血液型:AB型
事務所:プレディス・エンターテイメント
趣味:子犬と遊ぶ・ウォーキング・映画鑑賞・読書
特技:ダンス・日本語・フルート

イ・カウンちゃんは、韓国の女性グループ「AFTERSCHOOL」に2012年4月から所属していたのですが、1年活動した後から活動休止状態でカムバックを待っていて5年もたってしまったので、今回PRODUCE48に練習生として参加してデビューを目指していました。

今回の「プロデュース48」の初めてのネッコヤステージでは、韓国側のセンターもつとめました。

イ・カウンのこれまでの順位

イ・カウンのこれまでの順位を見てみましょう。

  • 1回目の国民投票:5位
  • 2回目の国民投票:1位
  • 第1回順位発表式:1位
  • 第2回順位発表式:8位
  • 中間順位発表   :5位
  • 第3回順位発表式:5位
  • 最終順位発表式:14位

最終順位発表まで、一度もデビュー圏外の12位より下の順位になったことはありませんでした。

スポンサーリンク

脱落の理由

最終順位発表の時まで一度も脱落順位になったことがなかったイ・カウンちゃん。誰もがカウンちゃんはデビューできるんじゃないかと思っていたのではないかと思います。

ただ、PRODUCE48の中でウィスプル議論が起こったあたりから、もしかしたらカウンも国鉄枠??(プデュシーズン2のキム・ジョンヒョン)という声も出始めていました。
(参考:ウィスプル(위스플)とは?放送分量が投票に影響して脱落!?)

結果的にシーズン2のジョンヒョンと同じ14位という順位で脱落してしまいました。

イ・カウン脱落の理由は

カウンちゃんが脱落してしまった理由として多い声をまとめてみました。

  • 絶対デビュー圏内だと国プが油断して投票しなかた
  • 同情票が多くて1Pickには弱かった
  • 事務所からデビューさせるために票が操作された

本当の理由はハッキリしませんが、ずっとデビュー圏内で一番低い順位でも8位だったカウンちゃんが14位まで落ちるとか、本当に何があったんだ!?と、この状況をなかなか受け入れられない人も多いようです。

過去のPRODUCEシリーズでも…

PRODUCE101のシーズン2の最終順位発表では、デビュー安心枠として見られていたキム・ジョンヒョンが脱落してしまいました。

プレディスの悲劇

イ・カウン脱落に対するみんなの反応

イ・カウンちゃんの脱落に対するみんなの声を集めてみました。

本当にカウンちゃんの脱落を惜しむ声が多かったです。脱落してしまってもデビューが決まった子たちに笑顔で拍手を送っている姿に涙が止まりませんでした。

AFTERSCHOOLのレイナと元AFTERSCHOOLのジョンアもイ・カウンちゃんの脱落を知って写真とコメントを投稿していました。

AfterschoolレイナInstagramより引用

レイナちゃんはカウンちゃんと撮影した写真と「ギャニ(カウンの愛称)、私にはあなたが1番だよ。本当に誇らしい。お疲れ様」というコメントを投稿していました。

ジョンアちゃんもカウンちゃんの「PRODUCE48」のプロフィール写真と「うちのカウン、本当にお疲れ様。あなたにはきっと、もっと良い機会があると思っているよ。でも、残念で心が痛い」というコメントを投稿していました。

本当にカウンちゃんが愛されている様子が伝わってきますね。

事務所からデビュー!?

第3回順位発表式で同じ事務プレディスから参加していたホ・ユンジンちゃんが脱落してしまって、今回イ・カウンちゃんも脱落してしまったことから、「キリンズでデビューして!」という声や、「脱落したメンバーでデビューして」とカウンちゃんのデビューを望む声もたくさん上がっています。


PRODUCE101のシーズン2の脱落メンバーの4人、JR(キム・ジョンヒョン)、ベクホ(カン・ドンホ)、レン(チェ・ミンギ)、アロンで「NU’EST W」が結成されたこともあって、同じように脱落したメンバーでデビューを願う声が高まっています。

関連:キリンズ(イ・カウン&ホ・ユンジン)のV LIVE動画!竹内美宥も視聴していた!!
関連:キリンズ(PLEDIS)V LIVE3回目はHavana!!イ・カウン&ホ・ユンジンのパフォーマンス

まとめ

今回は、イ・カウンちゃんが脱落した理由はなぜだったのかについて、いろいろな人の声をもとにまとめてみました。PRODUCE48の第3回順位発表式での脱落メンバーも衝撃的でしたが、今回のイ・カウンちゃんの脱落は本当に信じがたい結果でした。

イ・カウンちゃんが別の形でデビューして、日本にも来てくれることを願ってこれからも応援していきたいと思います。

関連:イ・カウンちゃんのスタイルがイイのは〇〇を飲んでいるから!?
関連:PRODUCE48最終回まとめ



スポンサーリンク

6 件のコメント

  • イ・チェヨンが覚醒したことも原因。1000%に移動してメインボーカル、リーダーと魅力を出してきた。逆境に追い込まれたチョヨンが終盤目立つ一方、センター交代などカウンは徐々に輝きを失う。
    イーカウンはメンバーに入れる能力、ポテンシャルは絶対あると思うし、正直脱落びっくりした。
    年長組はみんな脱落したので新グループのリーダー候補はチョヨンぐらいしかいない。

    カウンのオーディションの流れで徐々に埋没していったのが今回の敗因かと。カウンの能力は証明されているので次は間違い。

  • こう呼んでみたら凄い痛いですねぇ・・・
    でも、残り20人の時点では既に誰が落ちても惜しい状況でしたね。
    誰が12人に入っても良かったし誰が落ちてももったいなかったというか‥‥
    チェヨンが落ちてたらそれもものすごいショックだったはず

  • 思うほど固定のファンが付いてなく
    いわゆる単推しのファンが少なかったんだと思う
    それと皆が必ず残るだろうと思った事が重なり投票が伸びなかった
    最終投票は下位のメンバーの方が票を集めやすいのもあり
    逆転が起こりやすいのも不運としか…

  • 日本の方にはあんまり伝わっていないですが、イ・カウンの脱落はMnetのごり押しが招いた反作用の結果です。
    番組の中盤からインタビュー映像やリアクション映像に特定事務所(ウィエファ、スタシ、ストーン、プレディス)出身者だけ出てくるのに疑問を持った国プのものすごい反発を起こし、2から3回目の投票にその特定事務所出身の練習生の順位がものすごい下落するきっかけとなります。人気のあったワンイロンやチャンギュリ、そしてコンセプト評価では良いパフォーマンスを見せたキムシヒョン、イシアンはその流れに引き込まれ、そのまま脱落してしまいます。そして生き残ったチェイェナ、アンユジン、チャンウォニョン、イカウンも順位下落から逃げられなかったのです。
    そして実力に関しては番組内では実力者のキャラになっていましたが、実際最初のレベル評価の時も歌を歌っていたのはほとんどホユンジンであり、イカウンが番組内でうまく見せたのはほぼダンスの実力に限られます。そもそも、アフスクってダンスがメインなグループであり、しかも活動が少なかったとはいえ、デビューから5年もたつベテランなので、逆に出来なかったらそれもそれで大問題です。
    そして、第一回のその涙のインタビューが放送される前に行われた一回目の現場評価でのカウンの投票結果を見て見ると、全く無名事務所出身のCNCのイユジョンやホンイェジにも約20票差で負けるぐらい評価が低いのです。二回目の現場評価もチーム内で三位、三回目の現場評価はチームは最下位、個人もほぼ最下位になっています。結局、結果を集めるとあまり人の目を引く魅力はなかったっていうことになります。イ・カウン本人も番組内で自分の魅力が何かわからないって言っていましたね。
    総合してみると、Mnetからはものごり押しによる国プの反発、そして目立たない実力と魅力の無さ、クォンウンビとのお姉さんキャラのかぶり、相次ぐ現場での低評価によって自信を無くし身を引く態勢になってしまった結果が脱落に繋がったと思います。

  • いつも笑顔でやさしく気配りができ皆から愛されるお姉さんで、日本活動の時に大事な日本語の達者であることなど、やはりカウンの脱落はすごく惜しいことではあります。でもその国プの反発とキャラの迷走で悩んでいたのはカウンだけではなかったですね。チェイェナは自分は一発芸とかぶりっ子キャラだけではなく、ちゃんと実力もある子ですっていうアピールを番組の中でしていました。そしてアンユジンもセンターをまかされたり、意外なボーカル実力を見せるシーンなどがありましたが、カウンはあと一歩が惜しかったです。もう少し自分の良さを出してキャラを確立しコアなファン層を確保して欲しかったです。
     最初から番組で無理やり押され、反発が起きてからはネガな場面を映され、結局脱落してしまう。正直に番組に遊ばれた感もあります。結果脱落にはなりましたが今までプレディス出身でプデュに出ていた練習生はみんな番組終了後デビューしたり再ブレークしているので、多分カウンも報いはあると思います。

  • 追加コメント
    デビューメンバーは韓国サイドはプレデイスが所属。
    なるほどカウンが脱落したのも納得。他事務所の有望アイドル11人より12人獲得できたほうが、事務所は潤います。事務所指示によるネガティブキャンペーンと推察❗

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です